第5章 嫌な気持ちになったら「上を向く」

第5章 嫌な気持ちになったら「上を向く」

 

仕事のこと、家庭のこと、人間関係のこと、私たちはさまざまなストレスと向き合い、すぐに「嫌な気持ち」になってしまいます。

 

私が繰り返し言い続けているのは「メンタルの問題をメンタルで何とかしようとしない」

嫌な気持ちになったとき、なんとか気持ちを切り替えようとするのではなく、具体的かつ物理的に体にアプローチします。

 

ここで紹介するのは、もっともシンプルな行動。

それは「上を向く」です。

 

嫌な気持ちになったときは、立っていても、座っていてもいいのでとにかく上を向いてください。

 

上を向くことで気道がまっすぐになり、空気が体に入りやすくなります。

顔が前に向いているときは気道が曲がっていて、空気の流れはベストではありません。

 

実際、気管内挿管(気管にチュープを入れる医療行為)をするときには必ず顎を持ち上げ、気道をまっすぐにします。

 

上を向くと、体の構造的にも空気、酸素を取り込みやすくなり、自律神経が整い、感情の整理もつきやすくなるのです。

 

さらにいうなら、上を向きながら、落ち込んだり、イライラしたりしている人はまずいません。

スキップしながら悲しみに沈むことはできないのと同じで、上を向くだけで、条件反射のように前向きな気持ちになってくるものです。

 

反対に、下を向いていれば、それだけで気持ちは暗く、落ち込んできます。

 

昭和の時代に『上を向いて歩こう』という名曲がありましたが、自律神経の専門家から見ても素晴らしい曲です。

悲しくて、涙がこぼれそうなとき、上を向いて歩くのは本当におすすめです。

 

嫌に気持ちになったときはぜひ試してみてください。

「そうだ、こういうときは上を向こう」。

そう思えた瞬間から、あなたの自律神経は整いはじめます。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第5章 「雰囲気のいい人」が集まる場所へ行く

第5章 「雰囲気のいい人」が集まる場所へ行く

 

自律神経の状態はとても敏感に伝染していきます

 

考えてみれば当然の話で、電車に乗っているとき誰かが大声で怒鳴り出したら、周囲の人たちの交感神経も跳ね上がり、そこにいる全員の自律神経が乱れます。

 

同じように「この人と話しているとなぜかすごく気持ちが落ち着く」という人がいるでしょう。

相性や関係性はもちろん大事ですが、相手の自律神経が整っていることはじつは重要な要素です。

 

そういう意味では、心配事があって気持ちが前向きになれないときに「心配性な人」「悲観的に物事を考える人」とは会わないほうが無難です。

ふたりでどんどん暗い気持ちになっていきます。

 

むしろ、明るく、前向きで、楽観的な人と会うことをおすすめします。

 

状況がまったく改善しなくても、その人の雰囲気につられて自分の気持ちも明るく、軽くなっています。

それは「ただ、そう感じる」といった根拠のない話ではなく、実際に自律神経の状態が変わっているのです。

 

私はこの効果を使って「なんとなく疲れた」「あまり気分が乗らない」などのときには、お気に入りのカフェに行くようにしています。

よく行くのは、書店とカフェが併設されている店で、訪れた人は本を読んだり、仕事をするなど、それぞれがとてもいい時間を過ごしています。

 

場所が持つパワーももちろんあります。

ただ、それ以上に「そこに集まる人たちの雰囲気」がとてもいいのです。

 

リラックスしているのですが、ただ休んでいるのではなく、適度に交感神経も高く「いいレベルの仕事モード」を醸し出している人が多く、自分にもいい流れを呼び込むことができます

雰囲気のいい人たちが集まる場所、これもひとつのパワースポットなのです。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第5章 「自分を優先したい」感情を認める

第5章 「自分を優先したい」感情を認める

 

「ランチのお店選びはいつも相手に合わせてしまう」「忙しい人から仕事を頼まれると、自分も忙しいのに引き受けてしまう」「本当は行きたくないけれど、相手の顔を立てるために飲み会に参加する」など、さまざまな場面で相手を優先することでモヤモヤを抱えている人も案外多いのではないでしょうか。

 

少し厳しい言い方になるかもしれませんが、この話を聞いたときに私が感じるのは「本当の意味で相手を優先しているのではない」です。

 

状況的、物理的には相手が望むように振る舞っているかもしれません。

 

しかし、ここで着目すべきは「相手を優先していること」ではなく、「自分を優先したい気持ちがあるから逃れられない点」です。

 

そもそも「さまざまな場面で相手を優先している」なんてすばらしいことです。

「自分が、自分が」とならず、相手を思いやって行動できるなんて自律神経を乱さないお手本のような行為です。

しかし、そんな自分にモヤモヤする。

それは、「もっと自分を優先したい」「私を優先してほしい」との思いがあるからです。

 

モヤモヤした気持ちを抱えているときは「自分の感情」を解き明かし、正しく理解することが大切です。

状況が「改善される、されない」は別にして、理解が進むことで気持ちは一段階整理されるからです。

 

さて、ここからは「自分にできること」を考えてみてください。

 

相手を優先するのをやめて、自分優先の行動ができるなら、それを実践するのがいいでしょう。

しかし「それができないから苦労している」が本音でしょう。

 

そうなると、やはり「自分を優先したい思いからなかなか逃れられない」という自身の感情を適切に理解しながら、深呼吸をしたり、散歩をするなり、自律神経を整える行動をするしかないように私には思えます。

ただ、それでも効果は十分に期待できます。

自分の感情を正しく理解すると、案外気持ちは楽になるものです。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第5章 「ストレスを乗り越えた経験」を思い出す

第5章 「ストレスを乗り越えた経験」を思い出す

 

原則として、ストレスはないほうが自律神経は整います。

 

ただし、まったくストレスがないのかいいかといえば、そうではありません。

 

ストレスがなければ、脳も、細胞も、体の器官も退化していきます。

 

体にも適度な刺激や負荷が必要。

負荷がかかることによって活性化されたり、強化されたりするためです。

 

そこでぜひ思い出してほしいのが過去の体験の中でも「ストレスが終わった後」「乗り越えた後」のことです。

 

自分には荷が重い仕事を与えられ、プレッシャーに押しつぶされそうな思いで日々仕事をしてきた経験がある人も多いでしょう。

とんでもなく大きなストレスを抱えながらの生活です。

といって、そのストレスがないほうがよかったかといえば、決してそんなことはないはずです。

そのおかげで身についたスキルがあるでしょうし、自信をつけたり、その後の人生の糧になっていることもあるでしょう。

 

今、大きなストレスを抱えっている人は、ぜひ「乗り越えた過去」を思い出してみてください。

今は苦しいでしょうが、それを乗り越えた先に新しい自分、新しい人生が待っています。

 

ただし、ストレスが大きすぎないかはチェックが必要です。

そこは見過ごせません。

 

一番のバロメーターは朝起きたときの気分や体のだるさです。

 

朝起きたとき、体がだるくて起き上がれない。

一日だけならまだしも、5日、1週間と続いているとしたら、それはストレスが大きすぎです。

職場の人や専門医に一度相談したほうがいいでしょう。

ストレスを感じながらも、しっかり睡眠が取れていて、朝起きたとき「今日もなんとか頑張ろう!」と自分にスイッチが入れられるかどうか、それはきちんと確認してください。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第5章 モヤモヤ、イライラを上手に軽減する 「体だけは元気でいよう」を意識する

第5章 モヤモヤ、イライラを上手に軽減する

「体だけは元気でいよう」を意識する

 

今ストレスを感じ、心がモヤモヤ、イライラしているとしても、その根本原因を取り除くことは不可能です。

 

しかし、自分なりの対処法をいくつか持っていれば、モヤモヤ、イライラを軽減させることができます。

そんな対処法を紹介していきます。

 

自律神経を乱さないための前提は「期待しない」。

完璧に快適な生活を求めないことは重要です。

無人島で独りで暮らしているのでもなければ、人間関係の問題は必ず抱えますし、仕事だって、家庭だってうまくかないのが当たり前です。

 

そんなときベースとなる意識は「体だけは元気でいよう」です。

 

よく「明るく元気」といいますが、仕事や人間関係で嫌なことがあったとき「明るくいる」のは簡単ではありません。

 

ただし「元気」はどうでしょうか。

ここでいう元気とは「元気いっぱい」ではなく、体調だけは整えておくこと

ストレスフルで、どうしようもない状況にある人ほど、ぜひ「体だけは元気でいる」を忘れないでください。

 

ここでは、「嫌な気持ちになったら、上を向く」「雰囲気のいい人たちが集まっている場所へ行く」など具体的な方法を取り上げます。

 

メンタルの問題をメンタルでなんとかしようとせず、体の状態を整える。

 

忙しく、精神的にしんどい毎日を過ごしているなら、朝食だけはしっかり摂って、少しだけでも運動をする。

寝る3時間前には食事をすませ、ゆっくりと湯船につかるなど「体だけは元気でいる」を意識していると実際体調がよくなり、精神的にも安定してくるものです。

ここにおけるテーマのひとつは「人生はプラスマイナスゼロ」です。

 

そのほか、「自分の感情を正しく理解すること」や「意識の向け方」など、ストレス要因との向き合い方も取り上げていきます。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第4章 「今の自分の幸運」に目を向ける

第4章 「今の自分の幸運」に目を向ける

 

ここにおけるテーマのひとつは「人生はプラスマイナスゼロ」です。

 

一時的に見れば、運がいい人、悪い人はいます。

しかし長い目で見れば、プラスマイナスゼロになる。

本当にそう思います。

 

私は仕事柄、人の最後に立ち会うことが多くあります。

事業で成功し、大金を稼ぎ、優しい家族に恵まれた人が、若くして病気で亡くなることもあります。

 

人生のプラスマイナスはそう簡単にははかれないのです。

 

ここでお伝えしたいのは「自分がどこに目を向けているか」の視点です。

 

高校の野球部で甲子園に出場し、9回の裏、最後の場面で相手バッターが放った打球が自分のところに飛んできたとします。

 

平凡なゴロで、この球を処理すれば勝利が確定する場面です。

ところが、たまたまイレギュラーが起こり、エラーしてしまった。

その結果、試合に負けてしまったとします。

 

きっと多くの人が「なんて運が悪いんだ」と起こった不運を恨むでしょう。

 

しかし、視点を変えてみれば、その甲子園の舞台にすら立てなかった人たちが何万人といます

その中には実力があり、人一倍努力したのにほんのわずかな不運によって甲子園の土を踏めなかった人もいます。

 

さて、今のあなたはどうでしょうか。

 

さまざまな不運によって、苦しい境遇に追い込まれ、辛い目にあっているかもしれません。

しかし同時に、さまざまな幸運が積み重なって、あなたは今、その場に立ち、そこで生活できているともいえます。

 

幸運、不運を感じることは誰にでもありますが、結局それは「自分がどこに目を向けているか」だけです。

自律神経を整え、よりよい状態で日々を過ごしたいのであれば、あなたが享受している幸運に目を向けることです。

その視点を持てるかどうか。

とても重要な分かれ道です。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第4章 「厳しいことをいう人」でなく「勇気づけてくれる人」を大事にする

第4章 「厳しいことをいう人」でなく「勇気づけてくれる人」を大事にする

 

昔からひとつの人生訓として「厳しいことをいってくれる人を大事にしろ」があります。

それで自分を戒めたり、成長することができるのであれば、否定するつもりはありません。

 

しかし自律神経を整え、いつもいいコンディションで仕事をしたり、生活したりする上では、むしろ「厳しいことをいう人」より「勇気づけてくれる人」を大事にしたほうがいいと私は考えます。

 

先に「邪魔をしない話」をしましたが、たとえば自分と意見や価値観が違う人に対して「あなたはこういうところが間違っているよ」「もっとこんなふうに行動したほうがいいですよ」という人がいるでしょう。

 

その人がいっていることが正しいのか間違っているのか、それはわかりません。

 

しかし今は、何が正解かなんてわからない時代、大事なのは「自分なりの軸」を大事に生きていくことです。

 

すると当然、意見や価値観が違う人とも出会います。

 

そのときに「私とあなたは価値観が違うけれど、あなたはあなたなりの価値観でがんばればいい。あなたのことは応援している」といったスタンスが取れる人はやはり貴重な存在です。

 

もし、あなたがそういわれたら「そうだ、私は私なりにがんばっていこう」と思えるはず。

ストレスを抱えたり、自律神経を乱したりすることなく、前向きな気持ちになれるはずです。

 

私たちが大事にすべきは「意見や価値観が同じ人」でも「厳しいことをいって、正してくれる人」でもありません。

 

どんな状況でも、あなたの価値観や意思決定を受け入れ、エンカレッジ(勇気づける・励ます)してくれる人です。

そんな人があなたの背中を押してくれます。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

ハーバード大学が20年にもわたって行なった調査によると、激しい怒りの後には、急性心筋梗塞狭心症などの心臓発作を起こすリスクが4.7倍まで急上昇するそうです。

ただ、血管に悪いとわかっても、怒りや嫉妬といった感情は自然に湧き上がってくるもの。

完全になくすということはできません。

避けることはできないのなら、湧き起こってきた怒りを以下に鎮めるか、ストレスが持続しないように、いかに発散するかが大事です。

 

カーッと頭に血が上ったとき、簡単にできるリラックス法が、息を吐くということ。

ふーっと腹式呼吸で息を吐くと、副交感神経の働きを強めてくれます。

オフィスでも、どこでもすぐにできるのでおすすめです。

 

ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。

ホモシステインはLDLと一緒になり血管壁にコレステロールを沈着させます。

また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。

その結果、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞になるのです。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

ビタミンB群は、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/