免疫・低体温対策

ビタミンDの摂取が免疫力アップに効果あり!

ビタミンDの摂取が免疫力アップに効果あり! 肥満が著しい重症化リスクになるからといって、食事量を極端に制限するようなダイエットは禁物です。 健康を損なうことはもちろんですが、新型コロナウイルスの感染対策の観点でも、栄養失調は不利に働くからで…

自律神経を通じた「腸」と「脳」の好循環を生み出そう

自律神経を通じた「腸」と「脳」の好循環を生み出そう こんな現象について、身に覚えがありませんか? 強いストレスを受けて、すぐさまお腹がキューッと痛んで調子が悪くなる。 緊張するとすぐ下痢を起こしてしまう。 あらゆる臓器のなかでも、腸はとりわけ…

自律神経の乱れは「万病のもと」でもある

自律神経の乱れは「万病のもと」でもある 自律神経のバランスは睡眠不足や不健康な生活、ストレスなどによって簡単に乱れます。 例えば、食生活の乱れひとつとっても、まわりまわって自律神経に影響を与えます。 わたしたちの身体は、朝、目覚めて朝日を目で…

自律神経を整えることが、腸内環境の改善につながる

自律神経を整えることが、腸内環境の改善につながる 腸内環境が健全であるためには、もうひとつ、切っても切れないファクターがあります。 それが、自律神経です。 自律神経は、身体中に張り巡らされている末梢神経の一種で、内臓の働きや、血管の収縮・拡張…

腸内環境にやさしい食事と生活を心がけよう

腸内環境にやさしい食事と生活を心がけよう 便の好調・不調の要因は、ストレスや生活習慣もさることながら、日々の食事が大きく影響しています。 悪玉菌と戦う善玉菌を日々の食事でサポートしてあげることが大切です。 悪玉菌は脂質の多い食事によって増加し…

悪玉菌の増加は老化を促進し、健康を脅かす

悪玉菌の増加は老化を促進し、健康を脅かす 善玉菌と悪玉菌は、つねに戦いを繰り広げています。 直接ぶつかるわけではなく、善玉菌は短鎖脂肪酸を通じて腸内を弱酸性に保ち、それが悪玉菌の住みにくい環境をつくります。 逆に、悪玉菌はアルカリ性の有害物質…

腸の平和を保つ善玉菌

腸の平和を保つ善玉菌 「善玉菌」とわざわざ名づけられるぐらいですから、わたしたちの腸内には「悪玉菌」も存在します。 さらに、ふだんはなにもしない割に、悪玉菌が優勢になると一緒になって悪さをする日和見菌という菌もたくさんいます。 まるで社会の縮…

免疫力向上の基礎は腸内環境の改善にあり!

免疫力向上の基礎は腸内環境の改善にあり! 感染症対策で重要な「免疫力」とは 改めて、新型コロナウイルス感染症の重症化に関する点について、重要なポイントを簡単に確認しておきましょう。 1.不健康な状態だと免疫力が低下する 2.免疫力が低いと新型コロ…

重症者はもちろん、軽症者にもある「後遺症」の可能性

重症者はもちろん、軽症者にもある「後遺症」の可能性 健康でさえあれば重症化を避けられる新型コロナウイルスのメカニズムは、いま、特別な重症化リスクを持たないみなさんに、安心感を与えたかもしれません。 無用な心配をすることはストレスの観点からも…

「不健康」がレギュラトリーT細胞を減少させる

「不健康」がレギュラトリーT細胞を減少させる サプリで摂れる栄養素や、飲料で摂れる乳酸菌は、外部から活きのいいモノを摂取できますが、免疫細胞はそうはいきません。 身体の健康状態が悪ければ、免疫細胞も健康ではいられないのです。 基礎疾患には必ず…

重症化のもう一つの原因は「レギュラトリーT細胞」の不在

重症化のもう一つの原因は「レギュラトリーT細胞」の不在 サイトカインストームで、もうひとつ炎症を重症化させるファクターがあります。 それが、「免疫ブレーキの故障」です。 免疫細胞のなかで、とくにサイトカインを放出するのはマクロファージです。 …

全身に炎症を起こす「サイトカインストーム」

全身に炎症を起こす「サイトカインストーム」 「新型コロナウイルス感染症はサイトカインストーム症候群である」という学説は、ニュースをご覧になっている方はすでにご存じだと思います。 「サイトカインストーム」という現象が体内で起こることで、新型コ…

病気になる前に知っておきたい免疫システムの基礎知識②

病気になる前に知っておきたい免疫システムの基礎知識② 免疫応答を収束させる「レギュラトリーT細胞」 免疫細胞は互いに連携してウイルスに立ち向かいます。 その際に、免疫細胞同士が連絡を取り合うため、多種多様な「サイトカイン」という物質を産生して…

健康は、誰にでも平等な「発症しない対策」

健康は、誰にでも平等な「発症しない対策」 いま、みなさん一人ひとりが行なっている「三密の回避」「マスクの着用」「手洗い、消毒の励行」は「感染しないための対策」であり、「他人に感染させないための対策」です。 では、「発症しないための対策」はな…

免疫力をあなどるな!

免疫力をあなどるな! みなさんに一番お伝えしたかったのは、加齢に伴い健康診断や人間ドックは必須となりますが、「真の健康はほんの少し日々の心がけで、手に入れることができる」「手に入れた健康は、またほんの少しの心がけでしっかりと自分のものになる…

健康になれば人生は120パーセント楽しくなる

健康になれば人生は120パーセント楽しくなる ボス細胞を活性化させて免疫機能を高める――それが健康促進にも老化防止にもつながる、細胞レベルで元気になる方法です。 私たちが何も手を打たず、ボス細胞がその機能を発揮できないような環境のまま過ごしていけ…

寝る直前に「初恋」のことを考えるといいのはなぜ?

寝る直前に「初恋」のことを考えるといいのはなぜ? デスクワークで疲れた人は、軽い運動で身体を動かしたり寝る前に頭をクールダウンさせたりすべきです。 でも、日中に身体を動かして疲れた人が運動してしまうと、疲れがいっそう増してしまいます。 そうい…

「トイレ」と「あくび」は絶対に我慢してはいけない

「トイレ」と「あくび」は絶対に我慢してはいけない 日本にトイレが登場したのは意外に古く、縄文時代だといわれています。 弥生時代の遺跡からは下水道が発掘されているし、飛鳥時代には川を建物内に引き入れた「川屋」と呼ばれるトイレが作られるようにな…

不健康でも、あなたの身体そのものは悪くない!

不健康でも、あなたの身体そのものは悪くない! 無理を重ねると免疫力が低下してしまうということは、同じ人間でも免疫力が高いときもあれば低いときもあるということを意味しています。 働きすぎて自律神経のバランスが崩れたときと、しっかり休養をとって…

「アクセル」と「ブレーキ」の使いわけが何より大事

「アクセル」と「ブレーキ」の使いわけが何より大事 風邪のウイルスが侵入し、私たちの身体が感染すると、ボス細胞からの攻撃指令を受けて免疫が活性化され、ウイルスへの攻撃が始まります。 その結果、副次的な作用として、私たちの身体は熱を出します。 こ…

清潔すぎる人はボロボロの身体になる

清潔すぎる人はボロボロの身体になる 巷には抗菌グッズ、除菌グッズがあふれています。 除菌効果の高い洗剤やせっけん、ウエットティッシュ、便座クリーナーなどから、まな板やフキン、テーブル用の除菌スプレーなどキッチン用品まで、じつにさまざまな商品…

疲れたときほど「逆のこと」をするといい

疲れたときほど「逆のこと」をするといい 現代人の健康を妨げている最大の要因は、「○○しすぎる」というかたよった生活スタイルそのものにあるのではないかと考えています。 何かひとつのことに熱中する人は、それと逆のことを“しなさすぎる”のです。 「働き…

私たちは生まれつき、「身体を守る機能」を持っている

私たちは生まれつき、「身体を守る機能」を持っている 昔から「風邪は万病のもと」といいます。 これは風邪のような些細な病もこじらせてしまうと、さまざまな病気に転じかねないので、甘く見てはいけないという先人の教えです。 ほとんどの人は風邪を引いた…

「野菜:肉」は「2:1」のバランスで食べなさい

「野菜:肉」は「2:1」のバランスで食べなさい 戦後、日本人の体格は右肩上がりに成長してきました。 年配の方であれば、最近の若者の立派な体格に世代差を感じている人もいるのではないでしょうか。 30代の成人男性の平均身長は、1950年には160.3センチ…

野菜は香りが強いものを「皮ごと食べる」がベスト

野菜は香りが強いものを「皮ごと食べる」がベスト ボス細胞の活性化には「ファイトケミカル」と呼ばれる植物中に存在する天然の化学物質が大変効果的です。 トマトのリコピンやニンジンのβカロテン、トウガラシのカプサイシンなどが代表的ですが、耳にしたこ…

朝食は免疫バランスを整える「最強ツール」である

朝食は免疫バランスを整える「最強ツール」である 朝食のことを「朝餉(あさげ)」ともいいます。 この言葉は、もともとは平安時代に天皇が食べていらした略式の朝食のことを意味しました。 昔の日本人は天皇から一般庶民まで、朝夕二食の食事が一般的だったよ…

生活習慣に悩んだら「細胞の声」を聞けばいい

生活習慣に悩んだら「細胞の声」を聞けばいい 風邪を引いたり病気になったりする前に、口内炎、便秘や肌荒れといった形で身体はネガティブサインを出してくれます。 違う形だったとしても、あなたの健康がおびやかされそうになったとき、身体は必ずなんらか…

燃焼が「はじまった」タイミングで運動はやめなさい

燃焼が「はじまった」タイミングで運動はやめなさい 再三にわたって「無理せず、軽い運動を……」ということを強調してきました。 ただし、負荷をかけすぎないことも大切ですが、そもそも運動のやり方をまちがえていてはうまくいきません。 免疫力を向上させる…

ジョギングをするなら夜より朝がいい

ジョギングをするなら夜より朝がいい 一日中働くと身体はそれほど疲れていませんが、頭は興奮状態で、精神的なストレスはかなり多くなっています。 「運動しなさすぎて神経が高ぶった、かたよった状態」になっています。 そのために私の場合、たまったストレ…

運動はやればやるほど効果がない

運動はやればやるほど効果がない 非常に飽きっぽく、何をやっても長続きしない人のことを「三日坊主」といいます。 江戸時代の離婚制度は夫側からの絶縁状、いわゆる三行半しか認められておらず、妻側が離婚を望む場合には、駆け込み寺に入るしかありません…