ぼけを防ぐ方法はあるか?

イメージ 1
ぼけを防ぐ方法はあるか?
年をとってぼけてしまう人と、高齢でもいきいきと過ごす人。
その差をつくる要因がライフスタイル。
認知症生活習慣病の一つと考えると、防ぐ方向が見えてきます。
 
≪食生活を工夫したり脳を活発に活動させることは、ぼけ予防につながる≫
 
認知症は、さまざまな危険因子が複雑に関係し合って発症しますので、これさえやっておけば100%予防できるという方法はありません。
 
一ついえるのは、生き生きと健康に暮らすことです。
それは広い意味でのぼけ防止になり、認知症のリスク因子を減らすことにもつながります。
 
生活習慣病を防ぐ
 
中年期にどんな生活をするかで、その後にやってくる老年期の健康が決まるといっても過言ではありません。
肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、認知症のリスク因子になりますが、いずれも暮らし方を変えることで改善できるものです。
年齢や遺伝はどうにもなりませんが、こちらは方法があるのです。
 
●人とふれ合い、社会活動に参加する
 
認知症と社会的ネットワークとのかかわりに注目したスウェーデンの調査があります。
その調査報告は、次のようにまとめています。
 
・一人暮らしや、社会とのつながりが欠けることは、認知症のリスクを1.5倍高める。
 
・既婚で同居者がある人に比べ、非婚の単身者のリスクは1.9倍になる。
 
・社会的ネットワークが豊富な人に比べ、ネットワークが少ない人は認知症の危険度が60%増加する。
 
●脳を生き生きと活動させる
 
脳を活発に働かせると、神経細胞の間をつなぐネットワークがふえ、知的能力が高まって、それが認知症予防にもつながると考えられます。
 
具体的な活動効果を調べた調査によると、読書、ゲートボール、楽器の演奏、ダンスには、アルツハイマー病をはじめとする認知症の原因疾患を防ぐ効果をあらわしました。
 
●抗酸化物質が豊富な食事
 
活性酸素は誰の体内にもありますが、これが多くなると、細胞を老化させ、がんの発生を促すとされています。
活性酸素は、アルツハイマー病のリスク因子でもあります。
この活性酸素の作用を抑えるように働く抗酸化物質が、ビタミンE・ビタミンC・βカロテンなどです。
 
・抗酸化物質が豊富な緑黄色野菜、果物、日本茶などをとり入れた食事を、バランスよく食べましょう。
 
●肉よりは魚中心の食事にする
 
不飽和脂肪酸は、健康一般ばかりでなく、認知機能にもよいとされています。
特に魚に含まれる不飽和脂肪酸には、血栓予防や抗炎症作用などが認められています。
 
シカゴの研究チームが調べたところ、魚の摂取量が最も多いグループは、最も少ないグループと比べ、認知症の危険率が70%も低くなったと報告しています。
 
●体を動かす
 
運動には、さまざまな病気に対する予防効果がありますが、アルツハイマー病にも有効です。
 
中でも、ウオーキングのような有酸素運動は、脳の血流を活発にするのです。
ただし、同じ運動でも重量挙げなどの無酸素運動には、このような効果は認められません。
 
●おかしな兆候に早く気づく
 
認知症は、早く見つけて専門医を受診することができれば、症状の進行を遅らせるためのさまざまな治療が可能です。
さらに、延命率も高くなります。
 
早期発見・早期治療は、がんなど命にかかわる病気だけでなく、認知症にとっても大きな予防策なのです。
認知症アルツハイマー病 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、その原因のほとんどが脳梗塞です。
ですから、脳梗塞の前兆である隠れ脳梗塞を早期発見することで多くの認知症を防ぐことができるのです。
「隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)は、早い人だと30代からあらわれ、40代を過ぎると急に増加するといわれています。
 
脳梗塞は、高血圧や糖尿病などの病気が原因となったり、生活習慣などによって血液がドロドロになって血液循環が悪くなったりして、血管が厚く狭くなり、脳の血管が徐々に詰まって進行していきます。
一般的に、脳梗塞の初期には、大きさ数ミリ程度の微小な梗塞が数個出現し、段階をへるごとにこの梗塞が脳のあちこちに見られます。
このような症状のないごく小さな梗塞が隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)です。
 
脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、ふだんから脳の血管を健康に保つ生活を心がけ、脳梗塞を予防し、脳の健康を守ることが大切なのです。
 
ビタミンB12には、脳の血流をよくするとともに、脳神経の働きを改善あるいは促進する作用があります。
同時に、動脈硬化の原因となるホモシステイン活性酸素(ふえすぎると体に害を及ぼす非常に不安定な酸素)を除去する働きも持っています。
ビタミンB12は、大量かつ配合によって効果的に働き、そして、ビタミンB群はバランス良く摂ることで相乗効果を発揮します。
ビタミンB12は、脳からの指令を伝達する神経を、正常に働かせるために必要な栄養素です。
 
十分にあると、集中力ややる気が高まり、不足すると、神経過敏などの症状が起こりやすくなります。
また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。
 
一般にビタミンB群は、一つが欠乏するときには他のビタミンも欠乏していることが多いのです。
もちろん、すべてのビタミンが老化防止に必要であることはいうまでもありませんが、B類のビタミンB12、B6葉酸は老化を防ぐうえでも、もっとも重要なビタミンとされます。
 
現在60歳以上の高齢者の二割の人に、ビタミンB12の欠乏が見られるということです。
これは年をとると胃の機能が低下し、内因子の分泌が低下するからです。
 
また、高齢者が理由のはっきりしない神経症状を呈したら、ビタミンB12の欠乏を考えるべきだという学者もいます。
 
ビタミンB12は、肉や魚介類、卵、乳類などの動物性食品には広く含まれますが、原則として植物性食品には含まれません。
ただし、おもしろいことに、納豆やみそ、たくあんなど、日本に古くからある保存食には、植物性でも例外的にビタミンB12が含まれています。
これは、発酵の過程でビタミンB12が作られるためと考えられます。
 
詳細はこちらへ

縁処–endokoro- Yahoo!