スーパーは脳を鍛えるのに最適

イメージ 1
スーパーは脳を鍛えるのに最適
 
普段、何気なく食材を買っているスーパーも、脳を鍛えるのにもってこいの場所です。
 
スーパーの店内には、さまざまな商品が並んでいます。
だから買いものに行くと、夕食の食材のほか、気になる新商品など、余計なものまで買いものカゴに入れてしまう……結果、無駄なお金を払ったうえに、重いスーパーの袋を両手に抱えて帰宅することになるのです。
 
余計な買いものをしないようにするなら、出かける前に「買いものリスト」を作り、それ以外のものは絶対に買わないようにするのが得策です。
 
そして、この「リストを作る」という行為が、脳を鍛えてくれます。
リストを作る際に冷蔵庫にあるものをチェックして、どんな食材が必要かを考えることになるからです。
これは計画を立てることと同義であり、思考系脳番地が活発に働くのです。
 
もちろん買いものリストを作らなくても、また別の脳トレができます。
 
リストがないときは、実際にスーパーの店内を見て回り、必要かどうかの判断をしながら買いものをすることになります。
この行為は、記憶系脳番地を使います。
また、それと同時に「先読みする力」を鍛えることができるのです。
 
余談になりますが、絶対に余計なものを買いたくなかったら、店内を2周するようにしましょう。
人には初見のものは目新しく映って買いたくなる傾向があります。
だからこそ、余計なものを買ってしまうのです。
 
しかし、再度見て回ることで人は冷静になり、そうすると、本当に必要な商品かどうか、じっくり考えるようになります。
そしてこのとき、人は感情系脳番地を刺激しています。
スーパーは、脳を鍛えるのに最適の場所といっても過言ではありません。
 
ところでスーパーでの会計時、支払額はレジで計算してくれます。
しかし、それに任せっきりではもったいない。
せっかくだから、合計金額を暗算しながら商品を買いものカゴに入れていくのはどうでしょうか。
それだけで思考系脳番地が鍛えられます。
 
税抜き価格を税込み価格に計算するだけでも、かなり頭を使います。
とにかくいろいろな方法で計算してもらいたいものです。
これは、記憶系脳番地を鍛えるためです。
 
それから重要なのは、会計時はお札だけでなく、なるべく小銭も交ぜて支払うようにすること。
たとえば合計金額が2167円で、財布のなかに5818円あったら、5000円札で支払ってはなりません。
小銭も交ぜて、5217円を支払って3050円のおつりをもらうようにしてください。
なるべく1円玉や5円玉が財布からなくなるように努めるのです。
 
このように払い方をすることで、理解系や思考系脳番地が鍛えられます。
また、小銭を出すという動作は指先を使います。
そのため、運動系脳番地にも刺激を与えることになります。
50歳を超えても脳が若返る生き方 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
物忘れとは、脳は、体の機能全般をコントロールしている司令塔ですが、加齢とともにその働きは衰え物忘れの症状が出てきます。
脳血管の動脈硬化を放っておくと、血液循環が悪くなって脳細胞の動きが低下し、記憶力や思考力などが鈍り物忘れがはじまります。
40歳を越えた頃から「ど忘れや物忘れが激しくなった」「人の名前がなかなか思い出せなくなった」などと物忘れを感じるようになるのは、脳機能低下のあらわれです。
脳の神経細胞は約140億個といわれ、25歳を過ぎると1日に10~20万個ずつ死滅していきます。
死滅した神経細胞は再生されず物忘れもひどくなります。
しかし、死滅した神経細胞は元に戻らなくとも、神経の通り、すなわちネットワークをよくすれば、低下した機能を補い、さらには高めることができ物忘れも改善されます。
 
物忘れに関する神経伝達物質の中で記憶と学習にかかわっているのはアセチルコリンで、このアセチルコリンはコリンと酵素を原料にしてつくられています。
アセチルコリンの合成にはコリン、ビタミンB1、ビタミンB12などがかかわっています。
同時にこれらの栄養をとることが、アセチルコリンを増やすことにつながるわけです。
通常、コリンはレシチン(フォスファチジルコリン)のかたちで、食材から摂取されます。
レシチンアセチルコリンの材料になるだけではなく、細胞膜の材料にもなっています。
とくに脳の神経細胞の細胞膜にはたくさん含まれていて、多彩な働きをしています。
血液にのって運ばれる栄養の細胞内へのとり込みや細胞内の老廃物の排出、神経伝達物質の放出や情報ネットワークの形成といった、脳の機能全体に深くかかわっています。
これが、レシチンが「脳の栄養素」と呼ばれるゆえんです。
そのレシチンを多く含んでいる食品の代表が卵黄です。
なお、レシチンアセチルコリンに合成するには、ビタミンB群が欠かせないため、同時にとることが望ましいのです。
アルツハイマー認知症の患者の脳脊髄中にはビタミンB12が少ないことが確認されています。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!