第3章 流れを意識する 「悪い流れ」に翻弄されない

第3章 流れを意識する

「悪い流れ」に翻弄されない

 

テーマは「流れ」です。

 

どんな人も「今、自分の人生は流れがいい」と感じることがあるでしょう。

仕事が順調に進んだり、思わぬ出会いによって自分の世界が広がっていく体験をした人も多いのではないでしょうか。

想定外の臨時収入が入ってきたり、楽しい予定が次々と舞い込むなんてこともあるでしょう。

 

一方で、人生には流れが悪いときもあります

 

人間関係のトラブルを抱えてしまったり、そういうときに限って体調を崩し、どんなにがんばっても報われない時期。

どんな人にも経験があるはずです。

 

大きな意味での「流れ」を変えることはできません。

それは運気のようなものです。

歴史を見ても運気によって事態は大きく変わっていきます。

 

自律神経の専門家としてここでお伝えしたいのは、流れには逆らえないとしても、流れに翻弄され、過度に自律神経を乱さないように注意する意識です。

 

「いい流れ」が来ているとき、たいていの人はコンディションよく、快調に仕事をしたり、生活したりしています。

 

しかし、いい流れが終わったときに燃え尽き症候群になってしまったり、自律神経を乱し、メンタル不調を抱え、うつになったりする人もいます。

 

反対に「流れが悪いとき」は、どうしても人はコンディションを崩しがちになります。

当然といえば当然ですが、流れが悪いときこそ自律神経を整え、「流れの悪さ」の影響を受けすぎないようにする工夫が必要です。

 

流れの良し悪しは誰にでも起こります。

「流れ自体」をコントロールすることはできません。

 

しかし、流れにどのように向き合えばいいかを知っていれば、「いい流れ」であれ「悪い流れ」であれ上手に乗り越えていくことができます。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 電車移動では「あえて歩く乗り換え」をする

第2章 電車移動では「あえて歩く乗り換え」をする

 

移動は誰にとってもストレス要因のひとつです。

特に電車移動は何かと自律神経を乱す要素も多いでしょう。

満員電車は不快ですし、夏でも冷房が効きすぎて寒かったり、冬でも暖房や混雑具合で汗をかくこともしばしばです。

 

そして、忘れてならないのが乗り換えです。

 

乗り換えがうまくいかず時間をロスしたり、目的のホームまで距離があることにイライラすることもあるでしょう。

 

ずいぶん前から、どの乗車口で乗り降りすると出口やエレベーターに近く、乗り換えに便利かが駅のホームに掲示されるようになりました。

非常に便利な表示です。

 

しかし、私はその表示をあえて「乗り換えに不便な乗車口」で乗り降りするようにしています。

 

これをいうと「どうしてそんなことをするんですか?」と驚かれることもあるのですが、理由は単純。

どうせ乗り換えるなら、歩く距離を少し増やして、それを自分なりの運動にあてたいからです。

 

時間に余裕がないときはその限りではありませんが、できるだけ「あえて歩く乗り換え」「あえて階段を使う乗り換え」をするようにしています。

 

これによって運動することができるのは大きなメリットです。

 

さらに、通常なら「ここの駅は乗り換えが不便で嫌だ」と気分を害し、自律神経を乱してしまうところでも「これはたっぷり歩ける」とポジティブに捉えることができます。

 

気持ちがポジティブになり、適度な運動もできるのですから、こんなに自律神経にいいことはありません。

 

これを「毎回やりましょう」とはいいませんが、ときには実践してみてはいかがでしょうか。

けっこうな満足感があり、悪くない方法です。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 「今日、1時間だけ○○する」と意識する

第2章 「今日、1時間だけ○○する」と意識する

 

元気に、前向きに生活するコツのひとつは「新鮮な気持ちで日々暮らすこと」。

 

たとえば、新しい靴を履いて出かける日はそれだけで新鮮な気持ちになります。

たったそれだけで気持ちがすっきりして、前向きになれます。

実際、体の中でも交感神経が適度に上がり、活動的な状態になっています。

 

反対に、いつも同じでダラダラ過ごしていると「なんとなくおもしろくない」「なんとなく生活に張りがない」などの思いを抱え、小さなストレスを積み重ねることになります。

 

こうした気分と自律神経は互いに影響し合っています。

 

とはいえ、毎日新しい靴を履いて出かけるわけにはいきません。

 

そこでおすすめなのが「今日は1時間だけ○○をする」と毎日決めることです。

 

今日は1時間だけカフェでお茶をする。

1時間だけ好きな音楽を聴く。

 

そんなことで構いません。

ただし、しっかりと「今日は1時間だけ○○をする」と決め、意識することが大事です。

 

大袈裟にいえば、それが今日の「スペシャルイベント」だからです。

 

1時間やる「○○」は本当になんでも構いません。

 

知り合いには「今日は1時間だけ、ドラマで見た福山雅治さんの話し方を意識する」をやっている人がいました。

聞けばあるドラマで福山雅治さんが誰に対しても、いつも丁寧な敬語を使っていたのが印象的で、その真似をするというのです。

じつにユニークなアプローチです。

 

でも、本当にそんなことでいいのです。

 

そうやって「今日、1時間だけ○○をする」を実行すると、ただ流れていく一日に「特別な時間」が誕生します。

 

その新鮮さが自律神経には良い影響を及ぼすのです。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 トラブルは「リカバリーしない」と決める

第2章 トラブルは「リカバリーしない」と決める

 

何か問題が起こったとき、たいていの人は「なんとかしなきゃ」「どうしたらうまく収められるだろう」と考えます。

 

しかし、このとき最初に考えるべきは「自分で何とかできる問題か、自分ではどうにもならない問題か」です。

 

どんなに深刻な問題でも「自分ではどうにもならない問題」であれば、考えても仕方ありません。

そんなに簡単に気持ちを切り替えられないと思いますが、そういう人こそ「これは自分ではどうにもならない問題だ」と声に出していってみてください

 

それだけでも、気持ちが多少は落ち着きます。

 

そして、ここでお伝えしたいのは「リカバリーしないと決める」です。

 

特に対人関係の問題では、なんとかリカバリーしようと思ってやったことが、かえって状況を悪化させることはよくあります。

本当に謝る必要があるときは誠実に謝ればいいと思いますが、実際には「リカバリーしない」と決めるのも悪くない方法です。

 

「何もしない」が最善であることは本当によくあります

 

漫画が好きでよく読むのですが、「ビッグコミックオリジナル」に『卑弥呼』の物語が連載されています。

そこで出てきたエピソードにこんなものがありました。

 

卑弥呼がある意思決定をする際、賛成派と反対派の意見が飛び交う中「じっと待つことが重要だ」と意思決定を保留にして、別の意見をいう第三者の登場を待つというもの。

そこで「どちらが“本当”の真か」を見極められるという教えです。

 

リカバリーしない」とは少し状況が違いますが、特に何もせず、状況が変わるのを待つ。

これも大事な決断のひとつです。

 

大事なのは「決断しない」ではなく、リカバリーしない」「何もしない」と決めることです。

状況は何も変わりませんが、そう決めた瞬間から自律神経は整ってくるものです。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 普段とは違う「頭の使い方」をする

第2章 普段とは違う「頭の使い方」をする

 

脳は使えば使うほど活性化していく器官です。

 

普段生活しているだけで私たちは脳を使っていますが、意外と同じような使い方しかしていません。

 

そこでおすすめしたいのが、普段とは違う頭の使い方を意識的にすることです。

 

普段まったくパズルをやらない人がパズルをやる

本を読まない人が本を読む。

本の中でも小説ばかり読む人なら、学術的な本を読んでみるとか、ラジオを聞かない人がラジオや音声配信を聞いてみるのもいいでしょう。

 

そのほか、英単語や漢字を覚える、集中してきれいな文字を書く練習をするなどもいいアプローチです。

 

普段とは違う脳の使い方をすることで、脳に適度な刺激を与え、リフレッシュすることができます。

 

じつはコロナ禍以降、「集中力が続かなくなった」「ぼんやりすることが多くなった」と訴える人は少なくありません。

 

コロナに感染した人だけでなく、一度も感染していなくても「コロナ過を経た後遺症」を訴える人も多いのです。

 

コロナ禍ではずっとマスク生活をしたり、周囲との距離感を気にしたり、人と会えなくなったり、オンラインのコミュニケーションが強いられるなど知らず知らずのうちにストレスを抱えてきました。

 

こうしたストレスを受け続けると、体の中では何かしらの炎症、反応が起こっています。

そして、今でもその積み重ねが体の中に残っている状態です。

 

結果、集中力が続かなかったり、ぼんやりしてしまうなどの症状が出ます。

 

そんなときの簡単な対策のひとつとして、普段とは違う頭の使い方をする。

あまり真剣になりすぎず、気軽に試してみてください。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 「大事なことノート」をつくる

第2章 「大事なことノート」をつくる

 

人生において「探しものをしている時間」ほど無駄なものはありません

 

探している時間や労力もマイナスですが、私からすれば「なかなか見つからない」とイライラしたりモヤモヤすることによる自律神経の乱れ、コンディションの低下のほうがデメリットは大きいと感じます。

 

近年、多くの人が共通して抱えているのが「大事なのに頻繁に使うわけではないサイトなどのIDやパスワードがわからない」という問題です。

スマホやブラウザが記憶していて、たいていの場合は自動で入力されるのですが、入力されないこともあります。

そうした情報こそ、いざ必要になったときストレスのタネになります。

 

そこで実践してほしいのが「大事なことが書いてあるノート」を1冊つくること。

 

SNSや何かしらの会員サイトにログインする情報、銀行や証券会社の情報、クレジットカード、マイナンバーカード、運転免許証や旅券、病院関連など「大事だけれど、頻繁に使うわけではない情報」はたくさんあります。

 

こうした情報をすべて1冊にまとめておきます。

 

知り合いに、マンションのポストに鍵がかかっていて、それを開ける番号をド忘れして、管理人がやってくる翌週の月曜日まで開けられなかったなんて人もいます。

 

それだけで数日はイライラ、モヤモヤが溜まり、自律神経は乱れまくっています。

 

「大事なことが書いてあるノート」をつくるときのコツは、今すぐすべての情報を書き込み、完璧なノートをつくろうとしないことです。

「これから1ヵ月くらいでつくっていこう」と余裕を持たせることが大事。

「大事な情報を入力する機会」が訪れたときに少しずつアップデートしていけばOKです。

 

これさえやっておけば、この先の人生で「あれ、あの番号ってなんだっけ?」の時間が省けます。

それだけで自律神経を乱す原因を排除できるのです。

もちろん、このノートを失くしたりしないよう、くれぐれも管理には気をつけてください。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/

 

第2章 カバンが黒ならスマホケースはオレンジ色にする

第2章 カバンが黒ならスマホケースはオレンジ色にする

 

年齢を重ねるごとに認知機能が低下するのは誰にでも起こること。

そんな自然の摂理に抗っても仕方ありません。

 

私たちにとって大事なのは、自分ではコントロールできないことはあっさり受け入れ、その上でストレスを減らし、自律神経を乱さない工夫をいかにしていくかです。

 

そのひとつに「カバンとポーチ(小物入れ)などの色を変える方法」があります。

 

カバンの中からものを取り出すとき、なかなか見つからないとそれだけでストレスです。

 

まして、「あれ、忘れてきたのかな」と思ったり、携帯電話が見つからず「もしかして、ランチをしたお店に置いてきたのかも」なんて思った瞬間に自律神経は乱れます。

 

ここでのポイントは、実際に忘れていなくても「忘れたかも!」と思った瞬間にコンディションを崩している点。

そんな事態にならないためにも「カバンの中にあるのに、見つけにくい状態」を排除しておく必要があります。

 

そのために有効なのが、カバンとポーチの色、あるいは財布や定期入れ、スマホのケースの色などを極端に変えておくことです。

 

私は黒いカバンを使うことが多いので、バッグ・イン・バッグとして使っているポーチは明るいオレンジ色にしています。

カバンを開けた瞬間、その鮮やかな色が目に飛び込んできます。

カラフルなバッグを使っている人なら、逆に黒や茶色など深い色のポーチや財布、スマホケースを選ぶことをおすすめします。

 

カバンやポーチ、財布や定期入れなどをお気に入りの色に統一している人ももちろんいるでしょう。

それで気分がよくなり自律神経が整うなら、それも悪くはありません。

しかし「カバンの中のものを探すストレス」を少しでも感じているなら、色を極端に変えてみるのも一案です。

 

認知機能の低下を上手に補うのも、心地よく暮らすために大事な要素です。

「はじめる習慣 より」

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

寒暖の差、生活の変化が激しい毎日は、私たちの身体にも大きなストレスを与えます。

そんな日々が続くと、自律神経は、その変化に対応しきれなくなって、やがて疲れやめまい、不眠、頭痛といった症状が現れてきます。

とくに人間関係の変化は想像以上に心身への影響が大きい。

気分が落ち込んだり一時的にうつ状態になってしまうこともあります。

とはいえ、そのうちに治ってしまうことが多いので、うつ状態でも必ずしも病気とは言えません。

しかし、落ち込みの程度が重い時や、落ち込みが長引いてしまうと、人の意欲は奪われて行動にも影響を及ぼします。

 

私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな依存症などを引き起こす原因になっています。

この現象は大人から子どもまで老若男女に広がっています。

セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加えることによって鍛えることができます。

 

自律神経を整えるためには生活リズムを作るとともに栄養面も非常に大切です。

からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。

ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらいています。

いわば元気の素です。

B群は協力しあっていますから、どれが欠けても疲れやすくなります。

そして、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

ビタミンB12について?

https://www.endokoro.com/