第3章 流れを意識する 「悪い流れ」に翻弄されない

第3章 流れを意識する 「悪い流れ」に翻弄されない テーマは「流れ」です。 どんな人も「今、自分の人生は流れがいい」と感じることがあるでしょう。 仕事が順調に進んだり、思わぬ出会いによって自分の世界が広がっていく体験をした人も多いのではないでし…

第2章 電車移動では「あえて歩く乗り換え」をする

第2章 電車移動では「あえて歩く乗り換え」をする 移動は誰にとってもストレス要因のひとつです。 特に電車移動は何かと自律神経を乱す要素も多いでしょう。 満員電車は不快ですし、夏でも冷房が効きすぎて寒かったり、冬でも暖房や混雑具合で汗をかくことも…

第2章 「今日、1時間だけ○○する」と意識する

第2章 「今日、1時間だけ○○する」と意識する 元気に、前向きに生活するコツのひとつは「新鮮な気持ちで日々暮らすこと」。 たとえば、新しい靴を履いて出かける日はそれだけで新鮮な気持ちになります。 たったそれだけで気持ちがすっきりして、前向きになれ…

第2章 トラブルは「リカバリーしない」と決める

第2章 トラブルは「リカバリーしない」と決める 何か問題が起こったとき、たいていの人は「なんとかしなきゃ」「どうしたらうまく収められるだろう」と考えます。 しかし、このとき最初に考えるべきは「自分で何とかできる問題か、自分ではどうにもならない…

第2章 普段とは違う「頭の使い方」をする

第2章 普段とは違う「頭の使い方」をする 脳は使えば使うほど活性化していく器官です。 普段生活しているだけで私たちは脳を使っていますが、意外と同じような使い方しかしていません。 そこでおすすめしたいのが、普段とは違う頭の使い方を意識的にすること…

第2章 「大事なことノート」をつくる

第2章 「大事なことノート」をつくる 人生において「探しものをしている時間」ほど無駄なものはありません。 探している時間や労力もマイナスですが、私からすれば「なかなか見つからない」とイライラしたりモヤモヤすることによる自律神経の乱れ、コンディ…

第2章 カバンが黒ならスマホケースはオレンジ色にする

第2章 カバンが黒ならスマホケースはオレンジ色にする 年齢を重ねるごとに認知機能が低下するのは誰にでも起こること。 そんな自然の摂理に抗っても仕方ありません。 私たちにとって大事なのは、自分ではコントロールできないことはあっさり受け入れ、その上…

第2章 鍵をかけたら「ドアに話しかける」

第2章 鍵をかけたら「ドアに話しかける」 出かけるとき、家の鍵をかけ忘れたんじゃないか。 そんな心配を感じる人も多いのではないでしょうか。 家の鍵にかぎらず、車の鍵、部屋のエアコン、コンロの火を消し忘れたのではないかなどと気になることは無数にあ…

第2章 ストレスを減らす毎日のひと工夫 大事なのは「受け入れる」と「放置せずに対策する」

第2章 ストレスを減らす毎日のひと工夫 大事なのは「受け入れる」と「放置せずに対策する」 私たちの生活は「ストレス要因」にあふれています。 カバンに入れたはずのスマホが見つからない。 家の鍵をかけ忘れたんじゃないかと気になって仕方がない。 銀行の…

第1章 “三日坊主”は当たり前。はじめるだけでいい

第1章 “三日坊主”は当たり前。はじめるだけでいい 「何かをはじめることはできるのですが、それがまったく続かないんです」 そんな悩みをときどき相談されるのですが、私は迷わず「それって普通ですよ」と答えます。 慰めでも、気休めでもなく、それが純然た…

第1章 気になる用事は3日以内にやる

第1章 気になる用事は3日以内にやる 気になることがあるのに、なかなか手をつけられない。 そんな人も多いのではないでしょうか。 リビングの電球がひとつ切れているのに、ひとつくらいついていなくても生活はできるのでそのままにしてある。 自転車の空気を…

第1章 勉強するから意欲が生まれる

第1章 勉強するから意欲が生まれる 近年、リスキングという言葉をよく耳にするようになりました。 これは「新しい分野で新しいスキルを習得する」という意味のものです。 新しい学びを政府も推奨していますが、自律神経の観点からも新しいことを学ぶのはとて…

第1章 「30分だけ新たな気持ち」で取り組む

第1章 「30分だけ新たな気持ち」で取り組む 「はじめる習慣」。 「はじめる」と聞くと、何か新しいことをなければいけないと思われがちですが、決してそうではありません。 これまでやってきたことに新しい気持ちで取り組む。 これも立派な「はじめる」だと…

第1章 勢いだけでやろうとしない

第1章 勢いだけでやろうとしない 新しいことをはじめるときにはふたつのパターンがあります。 ひとつはがむしゃらに「とにかくやってみよう!」と踏み出すパターン。 もうひとつは入念な準備をしてから踏み出すパターンです。 自律神経の専門家としては断然…

第1章 終わったものを捨てる

第1章 終わったものを捨てる 片づけをするとき、ひとつ意識してほしいことがあります。 それは「終わったものを捨てる」です。 何かをはじめるために片づけている場合にはとくに大事な意識です。 わかりやすいところでいえば、資格取得を目指してきたけれど…

第1章 最初にやるのは「机の上をきれいにする」

第1章 最初にやるのは「机の上をきれいにする」 何かをはじめるにあたり、最初に必要なことは何でしょうか。 それはズバリ「机の上をきれいにする」です。 実質的にも、比喩的な意味のおいてもまずは机の上をきれいにすることが大事です。 今、はじめたいこ…

第1章 まず、はじめてみる 「はじめるハードル」はとにかく低く

第1章 まず、はじめてみる 「はじめるハードル」はとにかく低く お伝えしたいメッセージは「とにかく、はじめてみましょう」です。 多くの人にとって「はじめる」はとても高いハードルです。 英会話や投資の勉強をしたいと思いながら、なかなかはじめられな…

自律神経について

自律神経について 自律神経の概要や前提を理解しておくことは健康づくりやコンディション維持にも有効なので、ここでその説明をしておきます。 そもそも人間の体には「手・足・口」など自分で動かせる部分と、「血管、内臓」など自分では動かせない部分があ…

◎コロナ期の不調を体の中に抱えている

◎コロナ期の不調を体の中に抱えている コロナウイルス感染拡大によるストレスフルな時期を3年以上過ごしてきました。 会いたい人に会えなかったり、旅行へ行けなかったり、仕事や生活で不便や不都合を感じるなど、さまざまな負担を抱えながら暮らしてきまし…

◎何度挫折してもいい

◎何度挫折してもいい 「今日が新しい人生のはじまり」には、もうひとつとても勇気づけられる意味があります。 きっとどんな人にも「やってみたけど、続けられなかった」「三日坊主で終わってしまった」という苦い経験があるはずです。 ダイエットをはじめた…

今日が一番若い。今日が新しい人生のはじまり

今日が一番若い。今日が新しい人生のはじまり 私がよくいう言葉に「今日が一番若い」というものがあります。 ひょっとしたら、あなたは「けっこう歳をとってしまったなあ」「自分も○歳になったから」と感じているかもしれませんが、5年後のあなたは確実に今…

第5章 欧米では当たり前の「マネー・フォー・バリュー」

第5章 欧米では当たり前の「マネー・フォー・バリュー」 男性ホルモンの分泌量を増やし、ヨボヨボ脳になるのを防ぐという方法もあります。 それほど手のかかることではありません。 一定のタンパク質を摂取するために肉類を1日のメニューに欠かさず、ウォー…

第5章 太股の太さと脳の状態の関係

第5章 太股の太さと脳の状態の関係 私は何とか毎日のスクワットを欠かさず、できるだけ20~30分は歩くように心がけています。 以前は外食に出かける際、行きは歩くものの、帰りはほろ酔いのままタクシーということが少なくなかったのですが、いまはなるべく…

第5章 運動不足で男性ホルモンの量が減ってしまう

第5章 運動不足で男性ホルモンの量が減ってしまう 大半の「小太り」の人は健康に害を及ぼす危険性はありません。 しかし、極端な運動不足が原因で太っている人は、やはり注意が必要です。 日常的にタクシーやクルマばかり利用して、歩く距離が短く、習慣的に…

第5章 脳動脈瘤発見!!そのときに重要な医者の選び方

第5章 脳動脈瘤発見!!そのときに重要な医者の選び方 脳ドックに関しては、メリットは多いと思います。 しかし、患者さんたちに「ぜひ受けたほうがいいですよ」と積極的に勧めることはしていません。 通常、脳ドックではMRIによる画像検査を行い、脳動脈瘤な…

第5章 男性ホルモンが多い人には「意外な長所」がある

第5章 男性ホルモンが多い人には「意外な長所」がある 男性ホルモンはまさに体と心の「元気の素」なのですが、最近、男性ホルモンが持つ新たな効果に注目が集まっています。 それは男性ホルモンが人付き合いにも深く関わっているという、驚くような事実です…

第5章 「ハツラツか、ヨボヨボか」を男性ホルモン値で知る

第5章 「ハツラツか、ヨボヨボか」を男性ホルモン値で知る 心臓ドックと同様に欠かさず受けているのが血液検査です。 その主な目的は男性ホルモン値を確認すること。 やや大げさにいうと私にとって最大の“健康指数”は「男性ホルモン値」といっても過言ではあ…

第5章 心臓ドックの検査を私が受ける理由

第5章 心臓ドックの検査を私が受ける理由 心臓ドックは心筋梗塞などの突然死を予防するために必須の検査です。 心筋梗塞にかぎらず、さまざまな動脈硬化が原因となる病気を未然に防ぐ上でも、心臓の冠動脈の検査は欠かせません。 血管障害が引き金となって急…

第5章 「コレステロール悪玉説」はアメリカ発

第5章 「コレステロール悪玉説」はアメリカ発 降圧剤の飲用によって血圧が低すぎると、血液は体内を十分に循環しにくくなります。 その結果、立ち上がったときにふらついたり、ボーッとした表情を浮かべたりするようになります。 高齢者の中には、急に元気を…

第5章 「定説」を疑ってみる!自分だけの健康知識を身につける  血圧、血糖値「低すぎる」ことのほうが大問題

第5章 「定説」を疑ってみる!自分だけの健康知識を身につける 血圧、血糖値「低すぎる」ことのほうが大問題 血圧にかぎらず血糖値やコレステロール値も「ちょっと高め」くらいがちょうどよいと考えています。 これはBMI(ボディ・マス・インケージ)にも通ず…