いくつになっても知能は高まる

イメージ 1
いくつになっても知能は高まる
 
IQ(知能)は年齢にかかわらず高めることができると言ったら驚かれるかもしれません。
ある人はこう主張するでしょう。
人の賢さをあらわす知能は、もって生まれた性質であって決して変えられるものではない、と。
すなわち、知能は遺伝で決まっている、と。
 
この主張は部分的には正しいですが、全体的には誤りです。
 
そもそも知能とは、物事を考え、賢く判断し、決断する能力を意味します。
言い換えるなら、知能とは頭脳の明せきです。
この知能は生得の知性によるところもあるのですが、それだけでなく、どれだけ物事を迅速に考えることができるか、すなわち、どれだけ頭の回転が速いか、記憶力や集中力をどれだけ長く持続できるかによっても大きく変わってきます。
 
そして、頭の回転の速さも、記憶力や集中力をどれだけ持続できるかも、最適な栄養素の摂取によって大幅に改善できます。
 
というのも、わたしたちがものを考えるとき、脳内では神経ネットワークの配線の組み換えが起こっているのですが、同時に神経ネットワークをかけめぐる伝達物質の種類と量が変化します。
わたしたちが最適な栄養素を摂取するなら、伝達物質も最適の状態になり、脳は最適にはたらきます。
ですから、いくつになっても、知能を高めることができるのです。
 
栄養素が知能に大きな影響をおよぼすことを最初に報告したのは、アメリカのクバラ博士のグループです。
今から50年近く前の1960年のことです。
 
同博士は、血液中のビタミンCレベルが高いほど子どものIQが高いことを発見しました。
同博士が351人の子どもたちを血液中のビタミンCレベルに応じて二グループに分け、それぞれのIQを測定したところ、高ビタミンCレベルのグループでは113、低ビタミンCレベルのグループでは109でした。
このように、脳の最適な栄養を供給すれば、脳は最適にはたらき、本来の実力が発揮できるのです。
「食べ物を変えれば脳が変わる より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
脳の萎縮を防止するには、脳細胞の蛋白合成、核酸合成が順調に行われることが好ましいのです。
ビタミンB12は、蛋白合成、核酸合成の両方に役立っていることがわかっています。
 
ニューロン同士が情報伝達を行うこと、つまり神経機能的連絡を行うためには、新経路の交差点ともいうべきものが必要であり、この交差点をシナプスと言います。
このシナプスは、歳をとっても増加し、より成熟した結合が進行するとされています。
 
高度の創造過程にも高密度のシナプス形成が必要と思われ、そのためには、それに必要な素材として神経系構成成分、つまり栄養成分が必要なことは当然で、また、その構築作業のための酵素、そしてそれを補佐する補酵素的ビタミンも必要となります。
その中でも重要なものがビタミンB12であります。
 
また、脳には無数の神経細胞があり、その神経細胞の末端からセロトニンアセチルコリンドーパミンなどの神経伝達物質を放出しています。
それらによって次の細胞に情報を伝えていき、それが網の目のようにいっせいに行われることで、情報が瞬時に伝わり、手や足などの末端まで伝達されていきます。
しかし、その伝達情報がうまくいかないと、脳が興奮して抑制が効かなくなり、イライラしたり、落ち着かなくなったりします。

 イライラしやすいときは、脳の神経伝達物質であるセロトニンアセチルコリンドーパミンなどが不足していることが考えられます。
そのため、これらの材料となるアミノ酸と、アミノ酸を取り込むために必要な糖分やビタミンB12の不足を疑ってみましょう。
また、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖が足りなかったり、神経伝達物質を放出するときに働くカルシウムが不足したりしているのも原因のひとつと考えられます。

 それらの成分が不足する背景には、朝食を抜くといった欠食や、栄養のバランスの悪さなどが考えられます。
忙しいからと食事をぬいていないか、好きなものばかり食べて偏食をしていないかなど、自分の日頃の食生活をふり返り、食事リズムと栄養バランスを改善していくことが大事です。
 
ビタミンB12が十分にあると、集中力ややる気が高まり、不足すると、神経過敏などの症状が起こりやすくなります。
また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。
 
詳細はこちらへ