その他の健康

「置かれた場所」で咲けなくていい

「置かれた場所」で咲けなくていい すべての物事は、 ひとつの条件によって成立している「仮のもの」。 どんな場所も人間関係も、 「絶対」ではありません。 そこにいるかいないかは、自分自身で選べます。 「置かれた場所で咲きなさい」という言葉を初めて…

情報の99%はなくてもいい

情報の99%はなくてもいい 「悩みや苦しみをなんとかしたい」と 切実に思ったとき、 人は情報の選別を始めます。 そこから、知恵が生まれ、 生きるための世界感が育まれていきます。 自分の問題を見ていくとき、必要になるのが「教養」です。 このように言う…

悲しみたいだけ悲しめば、ふと笑える瞬間が来る

悲しみたいだけ悲しめば、ふと笑える瞬間が来る 誰がなんと言おうと、 別れの悲しみを我慢する必要はありません。 死者を思う気持ちとともに生きると決め、 「悲しむ作法」を見つけることが大切なのです。 あるとき、若い娘さんを亡くした母親が訪ねてきまし…

家族にも日々のいたわりや心遣いを示す

家族にも日々のいたわりや心遣いを示す 家庭にストレスがあると、 決定的な問題となっていきます。 植物に水をやり、肥料をやって育てるように、 家庭にも、日々の挨拶や声かけが必要です。 人の縁は、手をかけ、時間をかけなければ育ちません。 他人に対し…

感情の波からいったん降りる技術を身につける

感情の波からいったん降りる技術を身につける 頭で渦巻く感情や思考は、 意思の力で止められるものではありません。 自分をクールダウンさせるために、体のほうから 感情をコントロールするテクニックが有効です。 時には感情が揺らぎ、大きく波立ったとして…

感情が揺れてもかまわない

感情が揺れてもかまわない 人間に喜怒哀楽があるのは、当然です。 動揺したり、怒りがこみ上げたりしても、 しなやかに揺れて、またスッと元に戻る 「不動心」を目指しましょう。 人は、「他人の海」で生きなければならなのですから、ストレスや葛藤がないわ…

こじれた人間関係は「愛情」や「努力」では変わらない

こじれた人間関係は「愛情」や「努力」では変わらない 家族でも職場でも、恋人同士でも、 ほぼすべての人間関係は、 その根底に「利害関係」と「力関係」が働いています。 親しい間柄だからこそ、その視点を持つことが大切です。 あなたは「自分の努力が足り…

悩みは人間関係の中でしか生まれない

悩みは人間関係の中でしか生まれない 自分ひとりの思い込みで動いても、 人間関係はうまく調整できません。 「感情」と「今起きている出来事」を切り分けて考えれば、 問題は解決へと一歩近づきます。 私のもとに相談に来られる方には、2つのタイプがありま…

外で食べる、それだけで気分を高めてくれるものがある

外で食べる、それだけで気分を高めてくれるものがある 前半の章で「外に出よう」と書きました。 光を浴びることで、体のリズムも規則正しくなってくるし、セロトニンの分泌が高揚感を生み出すからでした。 「外に出かけて何をするんだ」という不精な人にも、…

後悔は、抱えたまま生きればいい

後悔は、抱えたまま生きればいい 亡くなった人への後悔が残るのは、当たり前のこと。 無理に打ち消そうとせず、 その後悔を抱いて生きると腹をくくれば、 いつか、そこに「意味」を発見するときが来ます。 大切な人を亡くした後、「ああすればよかった」「こ…

生きるか死ぬか以外は大したことではない

生きるか死ぬか以外は大したことではない 深刻な問題ほど冷静になって、 自分で対処できるのか、誰かの助けが必要なのか、 やり過ごせばいいのかを見極めましょう。 それが、問題を“取り扱い可能”にすることです。 永平寺で3年の修行期間を終えた後、そのま…

「生きているのも悪くないな」と思える人生を生きる

「生きているのも悪くないな」と思える人生を生きる 自分のためではなく、「人のため」と考える。 やりたいことではなく、「やるべきこと」をする。 そこを目指せば、「生きていてよかったな」と 思える日々が重なっていくはずです。 禅では「日々是好日(に…

「生きがい」や「やりがい」をつくる必要はまったくない

「生きがい」や「やりがい」をつくる必要はまったくない 生きがい探しをしたくなるのは、 現状に不満や不安があるときです。 問題を直視して、不具合を調整すれば、 生きがいなど無用でしょう。 夢や希望が必要ないのと同じように、「生きがい」や「やりがい…

夢も、「夢を追う自分」も徹底的に冷たく見る

夢も、「夢を追う自分」も徹底的に冷たく見る 本当に、夢をかなえることができるのか。 そのためにリスクと犠牲を払う覚悟が、自分にあるのか。 「ひょっとしたらダメかもしれない」というところから、 そこから具体的に踏み込んで考えなければ、 夢は「夢」…

テーマを決め、それに賭けて生きてみる

テーマを決め、それに賭けて生きてみる “自分が大切にしたいもの”をはっきり決めれば、 それ以外のものは、ただやり過ごせばいいだけです。 そうすると、人生がシンプルになり、 生きやすくなります。 以前、「私の生きがいは妻です」と言い切る中年男性に会…

人生はネガティブで当たり前

人生はネガティブで当たり前 生きることへの違和感を、 出来合いのノウハウで解決しようとしても うまくいきません。 手間と時間と根気をかけ、 置かれた状況を冷静に見て、具体的に考えましょう。 「私はネガティブなんです」「自信がなくて、どうしてもポ…

自分自身で判断できるのは、人生の「些事」だけ

自分自身で判断できるのは、人生の「些事」だけ 大きな決断は、必ずまわりの人間を巻き込みます。 自分の決断や判断は、あまり役に立ちません。 自分自身の感覚に頼りすぎたり、 自信を持ちすぎたりしないほうが賢明です。 大きな決断をしなければならない状…

「本当の気持ち」を話せるだけで、人は救われる

「本当の気持ち」を話せるだけで、人は救われる 自分の状況を誰かに聞いてもらうと、 視野がスッと広がることがあります。 そんな話をできる相手が、 「心の生命線」になることもあるのです。 お互いの「理解」は合意された「誤解」だとはいえ、人は、誰かに…

自分が抱えている問題を話せる「淡い関係」の人をつくる

自分が抱えている問題を話せる「淡い関係」の人をつくる 心の内側を素直に話せる人を見つけましょう。 自分の姿を照らし出せる「鏡」のような相手と 話すことで、問題が浮き彫りになり、 解決への第一歩を踏み出せます。 問題を解決するために自力で視界が開…

人脈も友だちも、要らない

人脈も友だちも、要らない 本来、人が生きていくのに必要な人間関係は ごく限られています。 多過ぎる友だちは新たな悩みやストレスを生み、 心を疲れさせるだけです。 「誰も私のことをわかってくれない」 「あの人のことは、どうしても理解できない」 こう…

怒りで頭がいっぱいになったら、ルーチンな作業をする

怒りで頭がいっぱいになったら、ルーチンな作業をする 怒りで心がどんなに波立っても、 頭と体を切り離し、 いつもどおりの振る舞いを続ければ、 荒れ狂った感情は、いつか枯れていきます。 怒りや嫉妬が収まらないとき、無理に抑えようとするのは逆効果です…

苦しい嫉妬は、錯覚が生んだ感情にすぎない

苦しい嫉妬は、錯覚が生んだ感情にすぎない 嫉妬が生まれるのは、 自分が本来持つはずだったものを 人が不当に持っていると感じたとき。 嫉妬の呪縛から解放されるヒントがあります。 怒りと同じく、嫉妬にも人間は煩わされるものでする 憧れや羨望なら、「…

怒りは、何も解決しない

怒りは、何も解決しない 怒りが湧くのは、 「自分が正しい」と信じているからです。 怒りに翻弄されたくなかったら、 自分が正しいと信じていることが、 本当にそうなのかどうか、冷静に考えてみてください。 ある老師が、以前こんなことを言いました。 「俺…

感情が揺れてもかまわない

感情が揺れてもかまわない 人間に喜怒哀楽があるのは、当然です。 動揺したり、怒りがこみ上げたりしても、 しなやかに揺れて、またスッと元に戻る 「不動心」を目指しましょう。 人は、「他人の海」で生きなければならないのですから、ストレスや葛藤がない…

糖尿病―ビタミンB1、B2、C、Eの積極的な摂取が大切です

糖尿病―ビタミンB1、B2、C、Eの積極的な摂取が大切です 1日3食規則正しい食事を習慣とし、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとる 成人の7人に1人は疑いがあるといわれる糖尿病は、血糖を下げる働きをするインスリンというホ…

飲酒・喫煙―毎日お酒を飲む人はビタミンB1、B2、B12などのB群を摂取

飲酒・喫煙―毎日お酒を飲む人はビタミンB1、B2、B12などのB群を摂取 連日の多量飲酒は、潜在性ビタミン欠乏症をつくる危険性がある 毎日お酒を飲む習慣がある大量飲酒は、飲まない人に比べると、アルコールが腸内でビタミンCの吸収を阻害するため、血中…

睡眠障害―眠りの浅い人、海外に行く人などはビタミンB12が効果的

睡眠障害―眠りの浅い人、海外に行く人などはビタミンB12が効果的 1日1.5~3.0mgのビタミンB12を投与することで 「睡眠相遅延症候群(すいみんそうちえんしょうこうぐん)」が改善された 夜寝つきが悪い人や眠りの浅い人、また、海外にいく機会の多い人などは…

神経症・自律神経系・口内炎・にきび・美肌・つわりなどに効果を発揮するB群

神経症・自律神経系・口内炎・にきび・美肌・つわりなどに効果を発揮するB群 ビタミンB群とは8種類ある「水に溶けるビタミン」のグループです。 体内の生命維持に欠かせない化学反応を支える補酵素としても働きがある ビタミンB群は、一言でいえば「水に…

心臓病・脳卒中―心臓病予防の期待が高まる抗酸化ビタミンの効力

心臓病・脳卒中―心臓病予防の期待が高まる抗酸化ビタミンの効力 心臓病の予防のためにはビタミンEを1日100mg以上摂取することが必要 心臓病の温床となる冠動脈硬化を促進するのが活性酸素です。 欧米では活性酸素を除去する抗酸化ビタミンに心臓病予防の期…

血中脂質・動脈硬化―ビタミンEとCに加え、葉酸、B6、B12を積極的に摂取

血中脂質・動脈硬化―ビタミンEとCに加え、葉酸、B6、B12を積極的に摂取 動脈の内腔に沈着物がたまる動脈硬化の危険因子は、 肥満、高血圧、糖尿病、喫煙、飲酒、ストレスなど 血圧や血中脂質が高く、心臓病や脳卒中などの発症に不安を抱える方には、ビタ…